知っておきたい勉強のポイント

中学受験の情報が満載!

全ての教科に通ずると言われる中学受験の国語の良い参考書選び

全ての教科に通ずると言われる中学受験の国語の良い参考書選び 昔に比べると、国語が苦手な生徒が増えているという現状があります。
しかしこの苦手意識というのは、他の科目にも影響を与えてしまい、その結果成績が上がりにくいという状況が起こります。
中学受験の対策において使用する国語の参考書、これにはステップごとに選ぶのが適していると言われています。
まず最初はとにかく語彙力を増やすという事が大事です。
英語で単語を覚えるように、日本語の学習では日本語の単語を覚えることから始まります。
同音異義語や対義語、類義語などを正しく使い分け、飽きる事なく最後まで読むことができ、かつ語彙力を高めることのできるものが良いでしょう。
次は読解力です。
日本語を読むという訓練をきちんと行わないと、いい加減な日本語が身に付いてしまうので、内容が面白く最初は簡単な入門編的な参考書から始めるのが良いです。
中学受験に向けて語彙力と読解力が身に付いてきたら問題集に取り組みます。
いきなり難しいものから始めるのではなく、基礎から対策できるものを毎日1ページずつ取り組めるようにしていきます。

中学受験の国語の勉強のポイントは、何かある?

中学受験の国語の勉強のポイントは、何かある? 中学受験の国語の勉強のポイントは、最低でも小学校で習う漢字の読み書きは全部正確に書けるようにしておくと良いです。
漢字などの知識問題は学力試験を課す学校であれば必ず出題されます。
ことわざや慣用句、故事成語なども知識問題として出題される可能性が高いので出来る限り覚えておきましょう。
国語の基本的な知識問題が覚えられたら中学受験の過去問を一度解いてみることです。
作文などが毎年出題されるような学校の場合は、作文の練習も必要になります。
過去問を解いていくとその学校の出題傾向が分かります。
毎年小説が出題されている場合は、小説などの物語などの本を多く読んでおくと良いでしょう。
問題文の量が多い場合は、文章正確に速く読むスピードも求められているということです。
勉強する気分が起こらないというときもあるはずです。
そのような時は、無理に勉強をするのでなく本を読むなどして文章を読むスピードを上げる勉強に切り替えると良いでしょう。