知っておきたい勉強のポイント

中学受験の情報が満載!

過去問を解くメリットとは

過去問を解くメリットとは 中学受験対策で、過去問を解くメリットは何かというと色々あります。まず志望校の出題傾向が分かるという点です。出題される問題の傾向や分野、さらには科目による難易度の違い等は学校によってかなり異なります。
その為志望校がある程度絞られているのであれば、傾向を知っておく事でどの範囲に力を入れて勉強すればよいか、またどこは多少手を抜いても大丈夫かが分かり、メリハリをつけて勉強をする事が出来るようになります。受験までの時間は限られているので、ある程度絞って勉強するようにしましょう。
また自分の実力がどれ位かを知る事が出来るというのもメリットです。解く事で、今現在の実力でどれ位点数が取れるかという事が分かります。
他にも本番さながらの練習が出来るというのもメリットとして挙げられます。問題集で分野別に演習している時はすらすら解けるのに、いざテスト形式になると途端に解けなくなるという事は少なくありません。
テスト形式だと難易度も問題集のように基本や応用と書かれている訳ではありませんし、分野もバラバラになるように作られています。
さらに問題を取捨選択したり、時間配分を考えながら解く力も求められるので、要はテスト形式に慣れて、制限時間内に最大限のパフォーマンスを出せるように練習をすると良いです。
このように中学受験対策で過去問を解くメリットは色々あるので、最初は中々解けなくても、何回でも挑戦してみる事が重要です。

繰り返し学習することが中学受験成功のコツ

繰り返し学習することが中学受験成功のコツ 中学受験を合格するためには、基本的な問題を正確に解かなければなりません。誰もがわかるような簡単な問題を取りこぼしていては、合格がおぼつかなくなってしまうのです。そのため、中学受験を成功させるためには繰り返し学習することが重要です。簡単な問題を徹底的に復習し、自分の身になるまで学習を繰り返します。多くの受験生が問題を1回解いただけでやめてしまいます。それだけでは自分の身になるための学習とは言えません。

たとえ答えを覚えてしまったとしても、解き方を覚えるまで何度も繰り返すのです。この過程を経た受験生だけが合格をします。中には、1回だけ学習をして覚えてしまう人もいます。しかしそのような人は1部に過ぎません。一般的な受験生は、同じ問題を何度も繰り返すことによって知識をつけていくのです。まず、問題集を決めて何度も解いていきます。異なる問題集を何冊も購入し途中でやめてしまうのが最もいけない勉強方法です。